ベビーマッサージのことならbaby-ma!

baby-ma!(ベビマ) トップ > ベビーマッサージの手順 6.背中編

6.背中のベビーマッサージ

最もリラックス効果の高いのが背中のベビーマッサージです。
ひざの上でも、ベッドの上でも、赤ちゃんがリラックスできるところで、腹ばいにしてあげましょう。

背中に両方の手のひらをのせ「ベビーマッサージしようね」などと声をかけましょう。
最後まで終了したら、マッサージをした背中の部分を両手で包み、足先まで両手をすべらせ「これで背中のマッサージ終了」などと声をかけます。

【背中1】

回数 両手のひら全体を使って、5回くらい。
ポイント 左右の手を交互に動かし、背中全体をやさしくさする。
  1. 肩付近に背骨に対して直角に両手のひらを置きましょう。
  2. 交互に左右の手を前後させて背中をマッサージしましょう。
  3. マッサージを続けながら、おしりのほうへ少しずつ手をずらしていきましょう。

【背中2】

回数 手のひら全体を使って、5回くらい。
ポイント すべらすほうの手は、手のひら全体が赤ちゃんの背中にしっかり触れるようにする。
  1. 背骨に対して直角になるように、片手はお尻に、一方の手は肩にのせましょう。
  2. 肩に置いた手を、お尻に置いた手のところまで、一気にすべらせましょう。

【背中3】

回数 手のひら全体を使って、5回くらい。
ポイント 背中だけでなく、おしり、太もも、ふくらはぎ、足首の後ろ側を一気になでる。
  1. 片手で両足首をやさしく押さえましょう。
  2. もう一方の手を背中の上に背骨に対して直角にのせましょう。
  3. 背中から足首まで、手のひらを一気にすべらせましょう。

【背中4】

回数 人さし指と中指の腹を使って、背中全体を15回くらい。
ポイント テンポ良く、円を描く回数をあまり気にせず、背中全体がまんべんなくマッサージできたら終了。
  1. 両手の人さし指と中指の腹を背中に置きましょう。
  2. 指の腹で小さな円を描きましょう。
  3. 背中全体をまんべんなくマッサージし続けましょう。

【背中5】

回数 5本の指の腹を使って、5回くらい。
ポイント 徐々に力を弱め、最後は一番弱いタッチをする。
  1. 手を軽く丸めて、5本の指の腹を肩にのせましょう。
  2. その手をお尻までやさしくゆっくりとすべらしましょう。